2021年JINS新卒メンバーは、こんな人たち!Vol.1

CULTURE2021.04.07

  • #Honest
  • #JINSな人々
  • #インタビュー
  • #店舗クリエーター

2021年4月1日、オンラインにて入社式が執り行われ、JINSに134名の新しい仲間が加わりました。3月まで学生だった社会人一年生は、なぜJINSを選び、いま何を思い、どんな夢を持っているのか。率直な気持ちを4名のフレッシュなメンバーに聞いてみました。1人目は、はじけるような笑顔の中にも、芯が強く自分の意見をはっきりと持っている、mozoワンダーシティ店配属の神谷さんです。【全4回の連載企画です】

JINSには「人」を活かす、たくさんの挑戦や成長の機会がある

mozoワンダーシティ店
クリエーター 神谷さん

―JINSに入社しようと決めたきっかけを教えてください
神谷さん:「人」を活かすことで、まだ見ぬ世界を拓いていこうとしているところが、入社の決め手でした!これからAI技術が発展していく中で、特に「人にしかできないサービスの価値」が重要になってきます。「人財」としてお客様もスタッフも大切にする、JINSの考え方に共感しました。

―(内定者パートとして店舗勤務をする中で)あなたが今感じているJINSとはどんな会社ですか?
神谷さん:実際に働いてみて、Magnify Lifeがしっかりと根底にあって、本当にたくさんの挑戦や成長の機会がある会社だと感じています。一緒に働いている先輩がたはみなさん、目標をもって毎日の業務にあたっています。どんなお客様に対しても丁寧で誠実な対応される先輩がたの接客スキルを目の当たりにして、本当にすごいなと毎日思っています。

―これから仕事で一番楽しみにしていることは何ですか?
神谷さん:普通に毎日働いているだけで楽しいんですが、これから成長していくことが何より楽しみです。いまも先輩がたと会話をする中で新しいことを学び、新しい考え方や価値観に出会うことができて、毎日たくさんの良い影響をもらっています。これから更に、いろんな「新しい!」に出会って学びを得て、成長できるようになりたいです。

―これからJINSを通して何を実現したいですか?
神谷さん:これまでたくさんの人から影響を受けてきたので、これからは誰かに影響を与えられるような人になりたいです。JINSに興味を持ったのは、人事の佐藤さんのおかげでした。 合同説明会で佐藤さんに出会って企業としてのJINSを知ることがなかったら、今の私はありません。佐藤さんのように、今度は自分がもっと多くの人にJINSの良さを広めて、誰かの成長のために尽力できるような仕事をしていきたいです。一日一日を大切にして、まずは努力を積み重ねることで自分のスキルを上げていきます!

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

いいねと思ったらシェア!

RECOMMENDED HASHTAGS